【SPGからの変更点に注目】マリオットアメックスの特典について徹底解説!

ついにマリオットアメックスの詳細が発表されました!

2月24日から発行が開始される「Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」ですが、前身のSPGアメックスからいくつか変更点があります。

この記事では

・SPGアメックスからの変更点
・カード特典の紹介
こんな人は発行 or 継続した方がいいYO!

という観点で解説していきます。

・SPGアメックスからの変更点を知りたい!
・新しいカードの特典が知りたい!
・どのカードを選べばいいかわからない!

という方はぜひご覧ください。

目次

SPGアメックスからの変更点を一覧で紹介

出典:アメリカン・エキスプレス・カード

SPGアメックスからの変更点をまとめてみました。

スクロールできます
SPGアメックスマリオットアメックスプレミアム
年会費34,100円49,500円
家族カード17,500円無料(2枚目以降24,750円)
会員ステータスゴールドエリートゴールドエリート
(年間400万円利用でプラチナエリート)
宿泊実績数5泊15泊
手荷物宅配サービス成田/関空/中部国際羽田(第3ターミナル)/成田/関空/中部国際
海外旅行傷害保険付帯付帯(カード決済の場合のみ)
無料宿泊特典更新で50000ポイント分更新&年間150万円の利用で50000ポイント分
SPGアメックスとマリオットアメックスの違い

青字はプラスの変更赤字はマイナスの変更です。

ここに書いてないポイント還元率はSPGから変更なしとなってます。

ではぞれぞれの項目についてみていきましょう。

【年会費と家族カード】家族カードを発行する場合はトントン

出典:アメリカン・エキスプレス・カード

年会費はSPGアメックスからなんと15,400円もアップしました

その代わりというべきか、家族カードは1枚まで無料となりました。

SPGアメックスは家族カード込みだと年会費が51,600円になるので、家族カード込みの年会費で考えると安くなったといえます。

スクロールできます
SPGアメックスマリオットアメックスプレミアム
基本カードのみ34,100円49,500円
基本カード+家族カード51,600円49,500円
年会費比較

家族カードを発行すると、後述する無料宿泊特典ゲットの条件「年間150万円の決済」を満たしやすくなるので、家族カードを発行できる人の場合はそこまでひどい改悪ではないですね。

【会員ステータス】400万円利用でプラチナ獲得

続いて会員ステータスです。

カード保持による会員ステータスはSPGから変わらずゴールドエリートですが、年間400万円の利用でプラチナエリートを獲得できます。

年間400万円以上マリオットアメックスで決済する人は、カードを保持する限りプラチナエリート会員が続くことになります。

プラチナエリートは年間50泊しないと獲得できないので、本来なら後述する宿泊実績15泊+35泊で初めて獲得できます。

金銭的な面で見れば、

  • 35泊してプラチナエリートをGETする(特典の宿泊実績15泊+35泊で50泊)
  • プラチナチャレンジを利用して3ヶ月間で16泊する

この2つの方法の方が負担は圧倒的に少ないです。

例えばフォーポイントバイシェラトン函館であれば1泊8,000〜10,000円で宿泊できるので、35泊しても金額は

9,000円(平均値)×35泊 = 315,000円

315,000円です。

都内であっても、モクシー錦糸町コートヤード・マリオット銀座東武ホテルなら1泊12,000〜16,000円なので、

14,000円(平均値)×35泊 = 490,000円

490,000円です。

プラチナチャレンジをすれば35泊が16泊になるので、上であげた金額よりも安くなるのは明白ですね。

とはいえ、年間35泊するには1ヶ月に約3泊しなくてはならないので、ホテルに泊まる時間はないけどお金はある人はプラチナエリートを維持しやすくなりますね。

【宿泊実績】5泊から15泊に

付与される宿泊実績は5泊から15泊になりました。

これは宿泊数でプラチナエリートを目指す際にパワーを発揮します。

???「パワー!」

???「ハッ」

必要宿泊数がSPGの時から10泊少なくなるので、先ほどあげたホテルで計算すると

フォーポイントバイシェラトン函館: 90,000円

モクシー錦糸町コートヤード・マリオット銀座東武ホテル: 140,000円

これくらいお得になります。

1年通してプラチナを目指す人にとっては非常にありがたい変更ですね。

【手荷物宅配サービス】羽田空港の国内線が追加

手荷物宅配サービスに羽田空港の第3ターミナルが追加されました。

純粋に選択肢が増えるので、選べる便の幅が広がり旅程に柔軟性を持たせることができました。

海外旅行傷害保険】対象がカード決済分のみへ変更

こちらは旅行代金をカード決済した場合のみ適応となります。

SPGではカード決済がない場合でも補償されましたが、旅行に行く際は現金よりもカード決済にした方が支出管理もしやすいと思うので、大きい改悪ではないでしょう。

そもそも現金派の方はマリオットアメックス作らないでしょうし←

【無料宿泊特典】更新で付与から更新+150万円の決済で付与

今回のマリオットアメックス爆誕で最も大きい変更はこちらでしょう。

SPGアメックス最大の特典といえば、カードを更新したときに付与される無料宿泊特典でした。

1泊50000ポイントまでのホテルに宿泊できるこの特典だけで年会費の元が取れるほどの魅力がありました。

しかし、今回マリオットアメックスプレミアムになることで無料宿泊の獲得に年間150万円の決済という条件がつきました

これは改悪と言ってしまって差し支えないでしょう。

この特典の変更によって、マリオットアメックスはSPGよりも人を選ぶカードになりました。

SPGからマリオットアメックスに更新すべき人

ズバリ、以下のような人は更新しても年会費分の恩恵を受けることができます。

・年間150万円の決済が可能な人
・年間400万円の決済が可能な人

随分シンプルになりましたが、やはり基準は無料宿泊特典をもらえるか否かになります。

年間150万円の決済ですが、月額にすると12.5万円になります。

毎月12.5万円であれば、生活費をマリオットプレミアムで決済することで達成可能なラインでしょう。

家賃をカード決済できる物件だとハードルはググッと下がります。

なので、年間150万円の決済がギリギリな方は、メインカードをマリオットアメックスに変更できるかどうかで判断するといいですね。

私は

  • メインカードの変更が可能
  • 家族カード発行で決済額のブースト可能

なので、SPGからマリオットアメックスに変更しようと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

トミオです。超ホワイト大手メーカーからITベンチャーに転職した26歳のサラリーマンです。ガジェットやホテルを中心に、生活に役立つ情報を発信していきます。twitterもやっているのでそちらもご覧ください

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる